<< 東村山市・ステンドグラスの家 竣工 | main | 狛江市の低炭素住宅 竣工 >>
立川市・低炭素住宅の家 木工事
JUGEMテーマ:住宅

 
立川市の現場が順調に進んでおります。


この建物は「認定低炭素住宅」という、都市のCO2排出抑制を
目的に断熱性などの省エネ基準を満たした国認定の住宅です。

低炭素住宅は、長期優良住宅認定と同等の税制優遇措置を
受けられる中でも特に大きな優遇となるのが、
住宅ローン減税の拡充とフラット35Sの金利引き下げとなります。

平成31年6月までは最大控除額が400万円となりますが、
認定住宅の場合であれば100万円上乗せされ、最大控除額が500万円に増額されます

全期間固定金利型の住宅ローン「フラット35」を借りる場合、
認定住宅の場合であれば当初10年間、適用金利が0.6%も引き下げられる
「フラット35S(金利Aプラン)」が利用できるのです

住宅ローンを組まなくても減税される仕組みがあります。
住宅の性能強化に必要な、標準的な掛かり増し費用(43,800円/m2)の10%を
その年分の所得税額から控除でき、控除しきれなかった場合には
残りを翌年の所得税から差し引くことができます。
この制度は、住宅ローン控除と重複して適用はされませんので、
いずれかの選択となります。

さらに、「登録免許税」の優遇もされます

低炭素住宅は、「省エネ住宅ポイント制度」(平成28年3月まで)の対象になるので、
発行期間であれば30万円相当のポイントがもらえます。

ウェルダンは、一級建築士事務所かつ施工まで行う建設会社なので
プランから税制までご相談に乗ります


ブログランキング参加中です。 ぜひ3つともクリックをお願いいたします!!揺れるハート

〜 高気密高断熱住宅+蓄熱式床暖房 輸入注文住宅メーカーの株式会社ウェルダン 〜



| 建築現場 | 18:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wldn.jugem.jp/trackback/848
トラックバック
サイトメニュー
オーナー様ブログ
関連リンク集
最新ブログ記事
記事カテゴリ
記事アーカイブ
モバイル
qrcode
PROFILE