<< もうすぐクリスマス #2 ・・・ | main | コペンハーゲン アンデルセンの愛した街 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
換気システムの掃除
年末のこの時期、大掃除はしなけりゃならないし
年賀状も作らなくちゃならないしで、
何かとバタバタしてしまいますよね。

ウェルダンで建てた我が家も、せっせと大掃除を始めました。
その中で、計画換気システムの本体の掃除をしました。

換気システムは、それこそ年中無休で365日、24時間
ずっと稼動ジョギングしている大変な働き者なんです。

1年に1度はその慰労?をかねてきれいにしたいところです。
機械はスウェーデンのフレクト社製「エクソネット」
ウェルダンの建物の大半で使用されているシステムです。

まずは本体のカバー(フタ)をカパッと開けてみると・・・



羽(フィン)が白っぽくなっているのが、ホコリです。
第三種換気という排気型なので、屋外のホコリではなく
屋内のものだけなんですが、結構汚れてるんですよね。

この羽の部分を取り外し、古ハブラシでシコシコとやります。



軽く水気を拭いて、はいおしまいです。
時間にして5〜6分時計で、あっという間です。

これが第一種の熱交換換気だと、本体の中はものすごい状態になっています。
常に心地よい温度に保たれ、ありとあらゆる生物の死骸撃沈が詰まってるんです。
(ウェルダンも大昔は熱交換換気システムを使っていたので・・・実体験です)

実際に両方とも掃除してみて、このメンテナンス性と清潔さの違いは、
(もちろん省エネ性や臭いに関しても第三種が優れています・・・)
とっても大きいんです。

ブログランキング参加中です。 ぜひ3つともクリックをお願いいたします!!揺れるハート
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
〜 高気密高断熱住宅+蓄熱式床暖房 輸入注文住宅メーカーの株式会社ウェルダン 〜
JUGEMテーマ:住宅


| 計画換気 | 15:31 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:31 | - | - | pookmark |
コメント
いつも楽しく拝見させて
いただいております。

只今 検討中のものです。
質問ですが 教えてください。

排気ダクトの配管内部の掃除はいったい
どのようにするのでしょうか?

今度お時間のあるときに
ブログで教えてください。
| wewewe | 2008/12/23 10:59 PM |
weweweさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
排気ダクトの掃除ですが、結論から言うと
掃除する必要はありません。
あくまでも屋内の空気を外部へ排出するダクト
なので、汚れていても家の空気が汚れるわけでは
ないからなんです。

またダクトの径も125ミリから100ミリという
太いものなので、ダクト表面にホコリがたまっても
圧損抵抗の影響はほとんどありません。

ちなみに第一種換気だと、室内へ給気を送るダクトの
ホコリ、汚れが室内に出てきてしまいます。
以前自宅が第一種換気の家だったので、その汚れが
室内に出てしまい、どうしようもなかったです。

余談にはなりますが、スウェーデンでは国の法律により
第一種換気を使用する場合は、定期的にダクトの清掃を
することが義務付けられています。

業者を入れたりして大変なので、通常の戸建て住宅では
第三種換気が利用されています。


| お返事 | 2008/12/24 9:39 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wldn.jugem.jp/trackback/75
トラックバック
サイトメニュー
オーナー様ブログ
関連リンク集
最新ブログ記事
記事カテゴリ
記事アーカイブ
モバイル
qrcode
PROFILE